アーキプロダクツ

WORKS

【ARCHI PRODUCTSの原点】

3SSSLDK+事務所

ARCHI PRODUCTSの事務所は、母屋が住宅になっています。
本多のプランニングと渡邉のコーディネートでご提案する、というARCHI PRODUCTSのプロジェクトがスタートした、原点とも言える住まいをご紹介いたします。

 

大きな吹き抜けが心を解き放つ

『リラックスできるオフィス併用住宅』

オフィス併設の建物だからこそ、自宅ではゆっくりとくつろぎたい。そんな思いを形にした一棟です。

 

 

・計画:注文住宅
・都市計画:第二種住居地域
・土地面積:238.83㎡(72.1坪)
・延べ床面積:221.24㎡(66.79坪)(うち事務所:32.42㎡、ガレージ:37.26㎡)
・間取り:3SSSLDK+事務所
・構造:木造(在来軸組工法)
・施工期間:6ヶ月

 

計画の全体像≫

【リビング】

リビング部分は天井高5.2mの吹抜け空間に大きなFIX窓を設置し、明るく開放的な空間に。

また、エントランス、階段、リビングと吹抜け空間をつなげることにより、実際の面積より更に開放的な空間を感じることができます。

リビング階段とし、リビングの一角にある階段は植栽や家具、雑貨を飾ることでオブジェやギャラリーとして活用できます。

ブラックウォールナットに合うタイルや家具・雑貨を厳選することで豊かで上質な空間を演出しました。

 

 

【キッチン】

キッチンとバックセット、TVボードをキッチンハウスにすることで統一感を出しました。

冷蔵庫横にはパントリーを計画しました。表には出したくないキッチン家電と、食材の備蓄庫としてとても便利です。
また弊社で大切にしている家事動線・生活動線もポイント。

家事をしやすいよう、キッチンの裏には洗濯室・脱衣室・お風呂と水回りが配置され、ストレスフリーなプランとなっております。

 

 

【エタノール暖炉】

おしゃれな暖房として今特に注目を集めているバイオエタノール暖炉。

スマートでスタイリッシュな見た目や、煙突がなくても設置でき、また安全に使えるなど、様々なメリットがあります。暖房器具を置くと、どうしても生活感が出てしまいがちですが、バイオエタノール暖炉ならおしゃれに演出することが出来るので、素敵なインテリアがお好きな方にもおすすめです。
1/fのゆらぎの癒し効果を与えてくれる炎。電気の明かりで表現したものとは違う、本物の炎で最高の癒し空間をご自宅にいかがですか?
また、エタノール暖炉の上部には造作収納を設置し、リビング用品をたくさん収納することができ、常にリビング空間をスッキリさせることができます。

 

 

【スタディスペース】

キッチンに隣接して、子供の為のスタディスペースを計画しました。

子供が小さい間は、隠れ家のような遊び場所として使い、子供用キッチンなどを置いてキッズスペースとして使用できます。
小学生以上になれば、スタディスペースとして。また、子供が巣立った後は、パソコンスペースやワークスペースとして活用できます。

また、ランドセルスペースを設置したことで、片付けが苦手な幼少期の子供も上手にできるようになりました。

隣接するキッチンから家事をしながら子供の様子を見守れ、また子供たちも安心して遊んだり勉強することができ、子供の勉強で分からないことがあるときは、すぐに教えてあげることも可能です。

子供もキッチンから見えるところにスタディスペースがあることで、毎日デスクに向かう習慣がつきやすくなります。家族の集うLDK空間にこのようなコーナーがあれば、親が近くにいる安心感や、見守られているという意識から、早く宿題を終わらせて家族と遊びたいと考える動機付けにもなり、とてもよかったと感じています。

また、こちらには引戸を設置しております。急な来客の際、子供たちのオモチャや勉強道具が散らかっていても、引戸を閉めるだけで済むので慌てる必要もありません。

 

 

【ワークスペース】

在宅ワークの需要が高まる中、クリエイティブな仕事を行うにはデスクとパソコンを置いただけの空間ではなく、美しく快適な空間が必要です。

木目とモノトーンを絶妙に組み合わせることにより、美しいワークスペースを計画しまた。
本棚は本やファイルの大きさに合わせスッキリと収納でき、机の高さも一番楽な体勢で作業ができる高さで作成することにより、長時間快適にデスクワークできるようにしました。
高気密高断熱のダブル断熱で作られた躯体に床暖房を設置し、快適な温熱環境を実現しています。

 

 

【パウダースペース(洗面スペース)】

トイレはお客様がいらした際に、必ずご案内する場所です。

その際に、必ず使用するのがパウダースペースでもあります。
家族が使用するパウダースペースとは別に設ける事で、急な来客の際にも安心してご案内出来ます。

また、普段使いの洗面化粧台とは別に設けることによって、お客様用のパウダースペースはこの様に思いっきりデザインに凝ってつくれるのもポイントです。
こちらに画像はございませんが、家族用のパウダースペースは、洗濯物のつけ置き洗いが出来、また子供も利用しやすい機能的な洗面化粧台となっております。

 

 

【トイレ】

こだわりの素材とディティール。格子自体の寸法が太すぎても細すぎても、その良さが無くなってしまします。選び抜いた樹種と木の素材感を生かす塗料で、さらに魅力が引き立ちます。

カウンターには、弊社お勧めの新素材を採用いたしました。

キッチンカウンターでも使用可能な、求められるすべての性能が極めて高く、バランスの取れた究極の素材です。
外部から見えない位置に床から天井までのFIX窓を設置することにより、明るく自然を感じられる空間に。

 

 

【エントランス】

玄関ドアを開けたら、天井高5.2メートルの吹き抜け大空間。

その効果をより感じられるよう、入って左側の鉄骨階段部分と、渡り廊下壁の部分をガラスに空間がつながるようにしました。強化ガラスを用いることにより、安全性も確保しております。
入って右側の姿見鏡には、その鉄骨階段と奥に広がるリビングが映り込み、目の錯覚により、さらに空間の広がりを感じることができます。

宅配便の方など、急な来客の際、玄関で対応する際には、リビングの中まで視線が筒抜けにならぬよう、目隠しのデザインタイル壁や、植物、リビングドア等を計算して設置しています。

マンションに囲まれ、プライベート空間を確保しづらい環境で、窓に透明ガラスを使えない箇所が多かったのですが、そのような条件の中でも、閉鎖的にならぬよう、自宅で開放的にリラックスして過ごせる様、様々な工夫を凝らしました。

 

 

【ガレージ】

車2台分を駐車できるガレージを計画しました。

内部はグレーを基調とした上質な空間に。

オーバースライダーのシャッターを採用することにより、巻き上げスピードが速く外観も美しくなります。

駐車スペースの奥側の壁一面は収納スペースを計画し、アウトドア用品等を収納。普段はロールスクリーンを閉め、目隠しすることも可能です。

 

 

【外観】

白を基調とした外壁とアクセントにタイルやガラスを張ったモダンな外観。
アオダモやジューンベリーなどの計画された植栽は大切なお客様を玄関までお迎えする素敵なアプローチ空間を演出します。

ビルトインガレージから雨に濡れずに、建物内に入ることが可能です。

事務所へは外階段から出入し、家に入る動線と重ならないようにしました。

 

 

まだまだあります!生活の中、「ちょっとした工夫」を叶える設計≫

ほかにも、ちょっとしたことですが、「あると嬉しい」ポイントをご紹介します。

 

①天井埋め込みスピーカー

天井にスピーカーを埋め込むことで、家中どこにいても好きな音楽を聴くことができ、ストレスなく家事ができるように。

 

②スロップシンク

住宅の外に、スロップシンクを設置しました。習字道具や上靴、スニーカー洗いに便利です。ペットを飼われている方は、お散歩後に足を洗ってあげるときにも活躍します。

 

③トイレの可動棚収納

壁に埋込型の収納を設置することで、スッキリとしたトイレ空間を損なうことなく収納することができます。

 

④シューズクローク

玄関を広くスッキリさせるためにシューズクロークを計画しました。
スニーカーや長靴、ブーツの他、上着やレインコート、傘、バッグなどの外出時に必要な道具を収納できます。
また、置き場に困るベビーカーやゴルフバッグもストレスなく収納することができます。お部屋の中に持ち込みたくないものを収納するのに便利です。
花粉などの持ち込みが気になるご家庭にもピッタリです。

 

⑤防音と断熱

子どもの食べこぼしや、雨の日にリビング内で乗り物遊びをしてもお手入れに支障がないように、床をタイルにしました。
床にタイルを張ると冬はすごく冷たく不快に感じますが、弊社特有の温水式蓄熱床暖房を設置することで、家中どこでも暖かく過ごすことができます。また、夏はタイルによって床面をひんやりと感じことができるので、快適に過ごすことができます。

また、リビングにピアノを設置するという要望を可能にしたのが、セルロースファイバーを使用したダブル断熱です。
ピアノを設置する際に防音は必須です。 壁にセルロースファイバーを充填することで大音量の音を遮断することができます。
この優れた防音効果は、ホームシアターなどを安心してご活用いただくことができます。

 

今回は、ARCHI PRODUCTSの原点となる住宅のポイントをご紹介しました。
気になる方は、ぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:https://archiproducts.co.jp/contact/

INDEX